心理相談室〜モノとコトの整理ブログ

心理カウンセリングこころねがピックアップした情報をお届けします。

クライエント中心療法

今回からしばらく、心理療法についていくつか紹介していこうと思います。まず第一弾は、一見どんなセラピーなのか判りづらい「クライエント中心療法(来談者中心療法)」です。。

創始者「カール・ロジャーズ」

クライエント中心療法の創始者心理療法家の「カール・ロジャーズ」で、クライエント中心療法の発展だけにとどまらず、世界的にも大きな影響を及ぼしました。

1920年代の半ば頃から児童臨床に関わったロジャーズは、この頃すでに、人間の成長への欲求について語っていて、その後の研究の成果を受け「人間には、完全な発達に向かう自然の傾向がある。」と述べています。この哲学が、クライエント中心療法の根底に流れていると考えていいでしょう。

クライエント中心療法の特徴

クライエント中心療法の特徴は、どうしてこのセラピーが「クライエント中心」なのかを考えるとわかります。

1940年にカール・ロジャーズは「心理療法の新しい諸概念」という講演で、従来の指示的心理療法を批判し、それが大きな論争を引き起こしたそうです。

それまでの多くの古い心理療法が「医学モデル」に基づき「検査→診断→アドバイス」という手法だったのに対して、「成長モデル」に基づき「成長傾向→援助」という当時としては斬新な手法を提案したからだったんです。

つまり、「カウンセラーは、クライエントの問題を解決するヒーローなのではなく、クライエントが自分で問題を解決してヒーローになるのを援助する人のことなのだ」という感じ。だから「クライエント中心」なんですね。(^ ^)

実際のセラピーですが、クライエントが安心して自由に話せるように、カウンセラーは、様々な技法を使います。

例えば、話しているクライエントが、「いま・ここ」で何を感じているのかをカウンセラー自身が自分の内側でしっかり感じるための技法などです。そうでなければ、積極的な興味を持って受容したり、共感したり、できないですものね。

クライエント中心療法の意味わかっていただけたでしょうか。(^ ^)

おわりに

クライエント中心療法を創始したロジャーズは、その後の1957年にウィスコンシン大学へ移ると、あの「ウィスコンシン・プロジェクト」を立ち上げ、そのプロジェクトで、ユージン・ジェンドリンがフォーカシングを発見することになるのです。

ということで、次回は私も大好きなフォーカシングについて紹介していきます。

さて、ここでお伝えしたいことがあります。 心理カウンセリングこころねでは、ワンコイン(500円)で参加できるワークショップを企画してみました。

題して、「はじめてのフォーカシング」です。

「実感に触れる」ためのメソッド「フォーカシング」は、

  • 先延ばしをしてしまう人
  • やめたいのにやめられない人
  • 自分の気持ちがよくわからない人
  • 強い感情に呑み込まれることがある人
  • もっと傾聴の技術を伸ばしたい人

といった人などに役立ちます。

フォーカシング誕生の経緯や、フォーカシングの方法や特徴について説明し、実際にフォーカシングを体験していただくところまで行う予定です。

‌「はじめてのフォーカシング」

  • とき 2021年5月12日(水曜日)19:00〜20:30
  • ところ 心理カウンセリングこころね相談室
  • 定員 相談室は6名、Zoomでの参加も可。参加希望の方はご連絡ください。
  • 参加料 ワンコインの500円

f:id:cocoroneroom:20210509005529j:plain

そろそろ、五月病ぎみの方がいるかもしれませんね。頑張りすぎずアクセルとブレーキをうまく使いこなして参りましょう!それが、難しそうな時は、ご連絡ください。(^ ^)

それでは、また!

相談室参加の方、ご予約はこちらから→予約システム

リモート参加の方、お問い合わせはこちら→心理カウンセリングこころね

参加料のお支払いについてはこちら→料金メニュー


海外・国内リモートでも相談可能→心理カウンセリングこころね

リモートでも利用可能な予約制学習室→こころね学習室

「フォーカシング」〜実感に触れる〜

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4都府県を対象に緊急事態宣言が出されましたね。今年のGW(ゴールデンウイーク)は気をつけながらの外出となりそうです。

GWに旅行して、日頃のストレスを発散しようと思っていた方の中には、状況を鑑みて今回は無用な移動はやめておこうと決めた方も少なからずいらっしゃったのではないかと思います。

ちょっと気が早い話ですが、GWが終わると五月の出勤が待っていて、程度の差こそあれ、なかには「五月病」になってしまう方もいるかもしれません。

この時期は、メンタルケアに気を使う時期でもありますが、特に「気軽に自分でできるメンタルケア」が気になるところです。

そんなみなさんに今回は「フォーカシング」をご紹介しようと思います。

フォーカシングとは

フォーカシングは、ユージン・ジェンドリンによって初めてそのメソッドが示されたセラピーで、そこには、自分の「実感」に触れる方法が提示されています。

私たちは実感に触れ、それを言語化、象徴化する過程で、大きな充足感を得ることがあります。この充足感は、心理カウンセリングの中で生じるものと同じものなのです。

フォーカシングをご紹介しようと思った理由の一つは、コツを掴めばひとりでもできるのでセルフヘルプにぴったりだということ。

そんなフォーカシングの特徴はどういったものでしょうか?

フォーカシングの特徴

それでは、フォーカシングの特徴について説明します。

まずは、「話さなくても良い」ということ。

例えば、ゲシュタルト療法のように、心理療法には、気持ちを話したり表現するものが少なくありません。しかし、フォーカシングは、自分の中で実感とのやりとりをやれば良いので、必ずしも話す必要がありません。

次に、「ひとりでもできる」ということ。

フォーカシングは自分の実感とやりとりするので、ひとりでもできます。態度で示すことを美徳とする日本の文化にはぴったりな心理療法ではないかと思います。

3つ目は、「コミュニケーション能力が向上する」ということ。

ミスコミュニケーションの原因の一つに、自分がどうしたいのか、しっかり把握できないということがあります。フォーカシングを続けると、自分の実感が捉えやすくなり、自分がどうしたいか把握しやすくなります。その結果、他者とのコミュニケーションもやりやすくなります。

4つ目は、「傾聴の技術を高めることができる」ということ。

フォーカシングはもともと、心理療法のメカニズムの研究の中で導き出されたメソッドです。ですから、継続して実践していくことで、「何を聴くのか」「どう聴くのか」といったことが自然と理解できるようになり、傾聴の技術が向上します。カウンセラーを目指している方や人と対面する仕事をされている方には特におすすめです。

おわりに

ここまでフォーカシングを紹介して来ましたが、実は、心理カウンセリングこころねでは、フォーカシングのワークショップをご用意しました。

「はじめてのフォーカシング」では、はじめてフォーカシングに出会う方向けに、フォーカシングのメソッドが生まれた経緯やメソッドの概要をご紹介します。

「フォーカシング入門」では、「はじめてのフォーカシング」をふまえ、さらに「実感」について深掘りしながら、フォーカシングの原理、効果についてもご紹介します。

どちらもワンコイン・ワークショップとなっています。参加料は500円です。相談室に来られる方は限定6名さま、リモートでのご参加はZoomからとなります。詳細は、フライヤーをご覧ください。

それでは、外出するのも億劫なGWですが、ワークショップを受けてスッキリとGW明けを迎えましょう!

相談室参加の方、ご予約はこちらから→予約システム

リモート参加の方、お問い合わせはこちら→心理カウンセリングこころね

参加料のお支払いについてはこちら→料金メニュー

f:id:cocoroneroom:20210501183811p:plain


海外・国内リモートでも相談可能→心理カウンセリングこころね

リモートでも利用可能な予約制学習室→こころね学習室

はじめまして、ブログを始めます。

私は現在、心理カウンセリングこころねの代表で専属の心理カウンセラーをしています。一方で、私には物理学修士という側面もあり、それがカウンセリングの特徴にもなっています。

心理学も物理学も世界のルールを表しているという意味では同じです。違いは何かといえば、気持ちは変われども、脳を構成するモノは同じということでしょう。

脳の中で起っているコトは、モノとモノとの繋がりの中で起きる現象だったりもします。

世界はモノとコトから出来ている。

私は、そんなモノとコトが彩る世界を整理してみたいと思いました。

それでは、みなさんも興味を持たれたらお付き合いくださいね。

f:id:cocoroneroom:20210501055120j:plain


海外・国内リモートでも相談可能→心理カウンセリングこころね

リモートでも利用可能な予約制学習室→こころね学習室